競馬の展開を左右する脚質を見極めて予想精度を上げる

TOP
競馬 展開,脚質,予想

脚質とは

基本的には脚質についての明確な決まりというものはありません。
ただ、展開を読む時にはどういうスタイルの競走馬なのかを知る事が予想をする上でのポイントにもなるので、得意なレーススタイルという意味でも脚質を知る事は重要になっています。

[逃げ]

脚質の逃げとはその名の通り、スタートから前に出てずっと先頭を走っていく脚質となります。
先頭なのでコースロスになる可能性が低いというメリットもあります。
ですから、まずスタートが上手な馬というのも一つの条件になります。
逃げ馬というのは実はそうそう多くはなく、逃げ馬がいるかいないかによってレース序盤のスピードに大きな影響を与えます。
逃げ馬の勝ちパターンというのは前半から前にいきながらペースをおさえるというのが基本で、スローペースに持ち込んで、出来るだけ後方の馬に脚を溜めさせず自分の脚は残して、最後は踏ん張って逃げ切るという形です。
逃げ馬は基本的にはスローペースで逃げる事になるので時計のかかる競馬になりやすく、人気薄で逃げた馬が逃げ切れなくても3着までに残る様な前残りという事も良くあり、度々万馬券を演出する要因の一つになっています。
また、逃げ馬が複数頭いる場合は先頭を競り合ってハイペースになる事もあるので、逃げるであろう馬がどれだけいるのかもチェックしておきたいところです。
逃げでは、最初から極端なハイペースで単独でどんどん逃げていく場合を大逃げとも言います。
大逃げはハイペースで後方の馬にも脚を使わせるので逃げ馬よりも高い能力を求められます。
コースの相性的には直線の短いコースに向いています。

[先行」

先行とは大まかに言えば先頭集団で競馬をする事をさします。
先頭集団3~5番手の前めの良いポジションを確保しながら競馬をするので囲まれたりする危険も少なくなります。
逃げ馬がいない場合は先行馬のペースが時計に影響し、先行馬がいても逃げ馬が能力的に足りない場合は前に出されてペースを作れなくなる事もあります。
先行策が得意でも自分でペースを作れる馬と作れない馬がいるので、後者の場合は注意も必要です。
戦略的には逃げ馬がいた場合は逃げ馬がバテてきた時を見て前にいくという形が理想で、逃げ馬がいない場合は前に出るタイミングが勝負を分けます。
先行馬も逃げ馬同様にスローペースの方が向いており、ハイペースになると先行勢が総崩れという事もあるので、レースを引っ張る馬がいるのかどうかをチェックしましょう。
コースの相性的には逃げ同様直線は短い方が向いている傾向にあります。

[差し]

差し馬はやや後方からの競馬で、脚を溜めながら最後の直線に勝負をかけるタイプです。
ポジショニングが勝敗を分ける事も多く、インを突けるか外に持ち出すかというコースロスの点で出走頭数の影響も大きいです。
展開的には前の馬がバテたところを一気に抜き去りたいので逃げ、先行の馬がバテやすい展開となるハイペースが理想です。
ただ、自分でペースを作りづらいのでスローペースになった場合は仕掛けるタイミングも重要になり、騎手の判断力もポイントとなります。
競馬は後方になればなる程コースロスをしやすくなる傾向にあるので、差し馬にはある程度のコースロスも問題にしないくらいの力量差も必要になります。
コースの相性的には直線の長いコース、もしくはゴール前に坂道があるコース等、前の馬がよりバテやすく後ろからでも届きやすい形態のコースが向いています。

[追い]

追いとは追い込みとも言い、馬群の最後方に近い位置で競馬をする競走馬となります。
最後方までいくとポジショニングもしやすくなる時もありますが、結果的に上がっていく時は外からという事になる事が多く、最後の直線でも外に出しての競馬という事も多いです。
外を回る方が距離のロスはありますが、外の方が基本的に馬場が荒れてないのでスピードに乗りやすいというメリットもあります。
追い込みも差し同様に前の馬がバテたところを一気に抜き去る戦略ではありますが、仕掛けるタイミングも早くなりますし、上がりの早さも必要になるので、差し馬よりも更に強い競馬スタイルとも言えます。
追い込み馬は長い間良い脚を使う必要があるのでスタミナと瞬発力を必要とし、競走馬の能力として柔らかくパワーのある筋肉を備えた強い馬でなければ大きいところは勝てないというのもポイントです。
向いているコースは、仕掛けるタイミングが早い時はコーナーで仕掛け始めなければならない為、比較的コーナーの緩い競馬場、直線距離も長い競馬場の方が向いている傾向にあります。

[マクリ]

これは追い込みと同様の戦法でもありますが、3コーナーから4コーナーを使って早めに先頭に出る戦法です。
本来は競輪の専門用語であり、競輪では単独で上がっていく事はマクリとは言いません。
ただ、現在ではよく使われる競馬用語にもなっています。

[好位]

競馬で良く好位につけたという表現がありますが、これはコースの内側の事をさします。
どの脚質であってもより好位につける事は重要です。
ただ、好位につけても囲まれて前に出せなくなる可能性もあり、重賞では馬と馬の間隔も狭くなるので一概に良いとも言えません。

競馬の用語には色々とありますが、この脚質とポジション、そしてコース取りが勝敗を分ける大きな要素の一つとなっているので、予想をする前に向いている脚質等をチェックするのも重要なステップの一つとなっています。

指数と血統

指数の種類

指数とオッズ

競馬ソフト

卍指数

複勝転がしについて

競馬の倍率[オッズ]

競馬の血統

夏競馬

競馬で稼ごう

競馬で儲ける為には

競馬攻略

競馬の展開について

データ競馬

競馬予想とは

投資する競馬

無料競馬情報の是非

競馬情報サイトの評判とは

競馬予想の口コミ評価

【限定公開中】[PR]