競馬で指数を使って稼ぐ為には?
指数とオッズの関係

TOP
競馬 指数,稼ぐ,オッズ

競馬の指数で稼ぐ事は出来るのか

競馬では良く指数というものが用いられています。
別項でも解説していますが、指数とは簡単に言えば競走馬の能力を数値化したものでもあります。
ではその指数を利用すれば競馬で稼ぐ事は出来るのでしょうか?
答えは「YES」であり「NO」でもあります。

指数の限界を知る

競馬の指数には限界があります。
限界というのは、どの競走馬はこれから進化し、どの競走馬が衰えていくのか、それは指数ではなかなか計り知る事は出来ません。
また、全ての競走馬が対象となるレースで利用する指数の算出に当てはまる条件のレースをしているのかと言えばそうでもないでしょう。
競走馬にはピークが存在し、ピーク時に走った時とそうではない時に走った時ではデータは変わるでしょう。 また、単純に騎手も変われば結果も変わります。
それだけ繊細なものを数値化するというのは実は無理がある事でもあるわけです。
逆に、そこまで細かく数値化せずに、単純な能力の比較という部分で算出をすれば、能力の比較としては精度の高い数値を割り出す事も可能となるでしょう。
そこが競馬での指数の現在の限界であり、それがオッズにはよく反映されています。

オッズと指数

指数の高い競走馬は人気サイドである事がほとんどです。
前述の通り、単純に能力の高い競走馬は人気が出るのは当然であり、指数はそれ以上の不確定要素を組み込む事は難しいからです。
しかし現実には万馬券というものは多く出ており、指数では低かった競走馬が好走しているという事は多々存在しているわけです。
指数の数値が高い競走馬はオッズが低くなり、的中しても配当は低めであり、取りこぼしが多くなれば負ける事も大いに有り得る事となるわけです。
ですから、稼げるかどうかと言えば「YES」であり「NO」でもあるわけです。

指数を利用して勝つ為には

指数を利用して勝つためには、指数では拾いきれない穴の情報を探さなくてはなりません。
具体的にはどういった穴が存在するのか、そこが問題となってきますが、例を上げるなら芝からダートへ変わったり、距離が変わったり、または競馬場、コースが変わったりという事だけでも急に好走してしまう競走馬は多く存在します。
一言で距離と言っても、1200メートルでは結果は出ていなくても1400メートルになるだけで好走してしまう事もあります。
東京の様に直線が長いというだけで一変する事もあります。
重要なのは、そこには「仮定」が存在し、その「仮定」にハマった時には人気薄の馬券を取る事が出来るという事になるわけです。

「仮定」の注意点

「仮定」を見つける事は簡単な様で難しく、難しい様で簡単だったりします。
色々な角度から競馬を見ていればよりその穴は見つけやすくなりますが、あまり「仮定」ばかりになっても全然馬券が的中しなくなる危険もあります。
要は、信頼するべきところは信頼し、その上でより「仮定」として起こり得る可能性の高いものを抽出していくという事が大切になってきます。
その匙加減を掴めた時に、馬券の精度と回収率は大きく向上する可能性が膨らみ、信頼すべきものとして指数はとても価値のある競走馬の能力比較の参考になるわけです。

複勝転がしについて

競馬の倍率[オッズ]

競馬の血統

夏競馬

競馬で稼ごう

競馬で儲ける為には

競馬攻略

競馬の展開について

データ競馬

競馬予想とは

投資する競馬

無料競馬情報の是非

競馬情報サイトの評判とは

競馬予想の口コミ評価

【限定公開中】[PR]


競馬の知識