競馬における指数の精度と血統

TOP
競馬 指数,精度,血統

競馬における指数

競馬の予想をするにあたり、指数を用いている方も多いのではないでしょうか。
競馬における主役とも言える競走馬は、レースの積み重ねによってその能力をある程度測っていく事が出来ます。
そしてその集大成とも言えるものの一つが指数であり、その競走馬の実力を示す指標となるものです。
しかし、指数と一言で言っても、その指数の数や算出方法は多岐にわたり、どの指数も完璧とは言えないのが現状です。
何故、指数がこれだけ多岐に渡り研究されているにも関わらず、精度の高い指数が生まれないのか、それは指数では低い馬の好走というものが頻繁に起こり得るからでしょう。

指数の盲点

指数で上位に来ると予想される競走馬というのはいわば、平均点で上位にいる競走馬と言えます。
芝かダートか、距離、前半のタイムや後半のタイム、上がりのタイム、走破タイム、競馬場におけるコース適正、右回りか左回りか等、様々なデータの上で各点数の総合点で上位にいる馬です。
しかし、馬は常に進化したり、力が衰えたりしているものだという事を忘れてはなりません。
人間が多くの事に慣れる様に、競走馬もまた多くの事に慣れていきます。
極端に言えば、ゲートから発走するという事に慣れたからこそ競走馬として出走する事が出来るわけで、適応力のある馬が競走馬となっているのが現実です。
だからこそ、指数では見えない競走馬各自の持つ伸びしろ、底力、本当の適正を見抜く事も必要となり、過去のデータを重視しがちな指数ではどうしても拾えない穴馬を見落としがちになってしまうわけです。

指数予想の精度

指数の盲点に触れましたが、それでも指数というものは確かな精度も兼ね備えています。
有名な指数で何度も検証をした事がありますが、1日を通して見てみると指数で上位を示した競走馬が上位に食い込むレースが多い時は多々あります。
しかし、指数で上位の競走馬というのは大概にして上位人気であるケースがほとんどであり、上位人気で決まるレースが多い日は的中しているケースが多く、そうでない日は取りこぼしが多くなる傾向にありました。
上位人気という事はオッズ、払い戻しも低くなる傾向になるので、収支を考えるのであれば悩ましいところに落ち着いてしまいます。
では、どう利用するかという事になりますが、やはり指数にプラスアルファの要素を足す事が重要になるのではないでしょうか。
現に、指数にプラスアルファする事で結果を出している例を参考にしてみましょう。

指数と血統

指数と血統を使う事によって、穴馬を探していくという手法です。
血のスポーツと言われる競馬ですが、いくら良血と言われていても好走出来ない競走馬も多くいます。
しかし、その傾向というのは何らかの形で現れるのが競走馬でもあるわけです。
指数だけ見れば見えない部分も、血統を紐解く事で見える部分も現れ、マツリダゴッホの様に中山が得意だったり、キンシャサノキセキの様に短距離馬だった場合、その特性を受け継いでいる場合も少なくありません。 現にキンシャサノキセキの産駒では短距離での勝ち上がりが多かったり、スクリーンヒーローの産駒は古馬になってから能力が開花するといった事があります。
指数は低くても、血統から相性の良いと思われる競走馬を相手に組み込んだり、指数が高くても血統的に距離が足りない等を感じる場合は思い切って切る事で馬券の回収率を大きく上げる事が出来るわけです。
そこで的中率が下がっても、配当は何倍にも上がるので必然的に回収率を上げていく事も可能になるわけです。

指数の可能性

指数には多くの可能性が秘められています。
前述した血統との組み合わせだけでなく、指数の算出精度の向上に加えて騎手や馬場、パドックの予想を組み込む事でも精度を上げる事は可能でしょう。
馬券の可能性を上げる方法はいくらでもありますし、色々な予想に乗っかる事も時には必要だと思いますので、一度試してみるのも馬券術の向上に良い特効薬になるのではないでしょうか。

複勝転がしについて

競馬の倍率[オッズ]

競馬の血統

夏競馬

競馬で稼ごう

競馬で儲ける為には

競馬攻略

競馬の展開について

データ競馬

競馬予想とは

投資する競馬

無料競馬情報の是非

競馬情報サイトの評判とは

競馬予想の口コミ評価

【限定公開中】[PR]


競馬の知識